バド菜園 ~バドの自然と遊ぼうゆったり菜園らいふ~

山と湖と川、畑とお庭で遊ぶ暮らしです

またもや苺です

今日は晴れたり曇ったり。そんなに冷え込みはありません。[E:sun][E:cloud]

 週末ということで、いつものミツバチバド。

 ♫ ぶんぶんぶん  ハチがとぶ~~♪   でした。 

 苺ちゃんたちは年末年始の冷え込みにも負けずがんばっています。

 いろいろな保温を試していますが、苗帽子保温はやめて、すべて湯たんぽトンネル保温にしました。

 理由は三つ。

 ひとつは、湯たんぽトンネルの方が成績がいいからです。

 苺もたくさんつきやすく、株も充実しています。

 もう一つは、手間をはぶけることです。

  苗帽子ですと受粉や収穫でひとつづつ帽子を取らなければいけません。

  飛ばされないようにピンで止めています。けっこう手間暇かかります。

  トンネルだとかんたんですね。一度にめくることができます。

 もう一つは。やはり保温状況です。

  苗帽子は昼夜の温度差がはげしく、とくに日の当たるお昼は軽く35度をこえてしまいます。

  そして、夜間は冷え込みます。

  湯たんぽトンネルは、夜はそこそこあたたかく、お昼は最高でも25度ぐらいです。

  ただ、夜間は、お昼に湯たんぽに十分な日光があたらないと効果はありません。

  +++++++++++++++++++++++++++++++

      手前も全部湯たんぽトンネルにしました。もっと湯たんぽ増やす予定。

      完熟した苺の収穫。お花の受粉。枯葉や雑草除去、ちいさな花の間引です。

      ビニール2枚。その間に不織布をはさんで、トンネル掛けをします。

              P1140473

       

    今日の収穫です。だんだん収穫量が増えてきました。

    このままずっと8月ぐらいまで収穫できたらうれしいです。[E:smile]

     トトロ登場です。[E:heart04]

  P1140476

    +******************************

   追伸

   ちょうど収穫してブログを掲載したあと、2歳の孫が遊びにきました。

   いちご狩りをしたいというので、あわてて 苺をまたトンネルにいくつか戻して、

   それらしく、いちご狩りをしてもらいました。

   そのあと、ほぼ全部のいちごををおいしい~~おっきい~~と繰り返し言いながら

   食べてくれました・・・・・とさ。 (親ばか じゃあなく 爺バカの一巻きでした)[E:heart04]

小鳥さんが来ない  赤い実がいっぱいあるのに

 今日も暖かいですが北風が強いです。

 今年の冬は不思議にお庭に小鳥がきません。

 お正月がすぎても、お庭の赤い実がいっぱいです。

 このまま熟すかもしれませんね。

 山に登っても、赤い実青い実を付けた木がたくさん残っていました。。

 今年の鳥は食欲がないのかな。

*******************************

   かなり熟してきた 万両です。

 P1140457

                

                これは南天。 なんてン  きれいなのでしよう。! ナンチャッテ

                 P1140460

      オモトです

 P1140451

              クロガネモチ  実はあるけど葉っぱが食べられている?

                       P1140461


                

      紅梅です  ほんのり枝が赤くなってきています

                          春近し  です。   


          P1140465


   *******************************

我が家のほうれん草達

 今日は暖かい一日でした。

 最近の寒さのためか、野菜たちの成長もかなりスローテンポです。

 野菜作りはほんとに、気候に大きく影響されます。

 我が家のように野菜作りを楽しんでいる家庭菜園は、野菜を売るわけではありません。、

 同じ野菜が一度にドカーンと収穫時期が来てしまうのはあまりよくないですね。

 もちろん、家で食べきれない分は、知人友人にもらってもらうのも楽しみのひとつですが、

 できるなら家庭で消費できる適量が長期間にわたって収穫できるのが理想です。

 玉ねぎ、じゃがいも、さつまいもなどは一度に収穫しても、けっこう長期間保存できます。

 しかし、レタス、キャベツ、白菜、小松菜などの葉物は一旦収穫してしまうと、そう長くは保存不可能です。

 そのため、収穫時期をずらすためのいろいろ工夫が必要です。

 同じ野菜を、播種の時期をずらしたり、苗の定植時期をずらしたり、保温をしたりしています。

 ほうれん草もその一つですね。

 ほうれん草は真夏の暑い時期を除けばほぼ年間通じて栽培できる便利な野菜です。

 この間テレビで、年中ほうれん草だけを栽培して生計をたてている農家の老夫婦を放送していました。

 原則、種は2週間に1度まきます。

 そして、気候の状況によりタイミング早めたりずらしたり。

 常に市場に安定した量を供給しています。

 冬に品質のよいほうれん草つくるコツは、強風を防ぐ工夫がいるとのこと。

 そのために、適度な網目の防虫ネットを風よけにつかっています。

 冬のほうれんそうは寒さのために特に甘味が出ておいしい。

 その老夫婦のつくるほうれん草は、引手数多(ひきてあまた)ですごい人気商品です。

 プロはいい野菜をつくるためにいろんな工夫をされているんだな・・と感心しました。

 


  *******************************

      我が家のほうれん草たちです。

  今 収穫中のほうれん草。ほぼ終了です。

  P1140411

 

 まもなく収穫予定のほうれん草。茎が赤い種類です。サラダにいいです。

                     P1140400

  

 12月に中旬に播種したほうれん草

   元気に育ち始めています。

  

P1140404

  年末に種まきしたばかりのほうれん草です。

  寒いので不織布ベタガケして、トンネルで保温しています。

  まだ発芽はしていません。

                           P1140405

  

    *******************************

  





 

  

バドの連絡先
wingbado@yahoo.co.jp
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
記事検索
  • ライブドアブログ