バド菜園 ~バドの自然と遊ぼうゆったり菜園らいふ~

山と湖と川、畑とお庭で遊ぶ暮らしです

2018年01月

夫の彼女

P1070925

    夫婦なかよしの二人なのに。 
  ありえないはずのことが。
  夫に彼女が・・。
  まさか。あとをつけてみる。
  やはり彼女のアパートに通っている。しかも週2回も。
  なぜ。どうして。
  あなたは夫を信じていますか。
  信じることができますか。 

トラクターで耕作作業

P1070945
      第2菜園南畑

  久しぶりに春の気候。いいですね。
 ポカポカ陽気でトラクター作業も快調。
 オクラ用の畝づくり。
 耕す前に牛糞6トン。高度化成肥料(14-14-14)60kg投入。
 35m×25畝できた。しかしまだ未完成。
 明日は培土板を使って大谷をつくる。排水路だ。
 田んぼの後なので大雨になるとたいへんだから。

 25畝全部植えたら一日中オクラの収穫タイムになりそう。 
 今年は20畝ぐらいにしておこう。
 50cm間隔に植えると1畝70穴。全部で1400穴。
 一穴に3本の密集栽培とすると種は4200粒必要だ。
 夏には黄色いハイビスカスの花園になるだろう。

         今日もきれいな太陽が沈んでいく。
P1070957

脱サラ就農

P1070919

    
    今回は小説ではなく実用書。
    最近野菜作りを始めようとする人がかなり増えているらしい。
    団塊の世代の大量リタイヤ。
    年金生活しながら趣味として菜園を始める。私もそうだ。
    そして主婦層でも野菜づくりがブームに。
    近年にない大ブームとか。
    若い層でもブラック企業にこりごりして、農業の志願者が増加。
    自然の中でノーストレスで働きたい。(願望)
    「脱サラして就農」。
    この本には農業を始めるにあたってのノウハウが書かれている。
    要するに栽培技術云々ではなく、経営ノウハウ。
    つまり農業収入だけで食っていけるかどうか、
    家族が暮らしていけるかどうかのお話だ。
    私の知らないことも書いてあってそうなんだあ~というところも。
    しかし、農業は労働時間の割にはもうからない。
    というところはよくよく実感できた。
    趣味の菜園は実に楽しいが、これで家族が食っていくためには、
    たいへんだと思う。
    時給900円は夢のまた夢。
    せいぜい200円~500円までがいいとこかな。
    
    
     
    

バドの連絡先
wingbado@yahoo.co.jp
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ