童子さんの切ない歌声の中から
ほんのり 暖かさと安らぎを感じます

気持をこめて朗読させてもらいました。



たとえば ぼくが死んだら

作詞・作曲  森田童子
   歌    森田童子
朗読      バドちゃん

たとえば ぼくが死んだら そっと 忘れてほしい
淋しい時は ぼくの好きな 菜の花畑で 泣いてくれ

たとえば  眠れぬ夜は 暗い海辺の窓から
ぼくの名前を風にのせて そっと 呼んでくれ

たとえば  雨にうたれて 杏介の花が 散っている
故郷をすてた ぼくが 上着の衿を 立てて 歩いている

たとえば マッチをすっては 悲しみを 燃やす
このぼくの 涙もろい 想いは 何だろう

たとえば ぼくが 死んだら そっと忘れて ほしい
淋しい時は ぼくの 好きな 菜の花 畑で 泣いてくれ