バド菜園 ~バドの自然と遊ぼうゆったり菜園らいふ~

山と湖と川、畑とお庭で遊ぶ暮らしです

★暮らしの日記

~追悼~ 姉 妙子さんへ



 ~追悼~
私の姉が今年の9月18日に他界しました。
5年前に乳癌を患いましたが、手術をし、その後も良好で
いつもの生活に戻っていました。
しかし、ちょうど昨年の今頃、心配していた転移が発見されました。
肺癌です。
発見された場所が運悪く、有効な手術ができない箇所でした。
それから抗がん剤治療中心の闘病生活が始まりました。
しかし、癌の増殖を抑えきれず、日々体力がなくなっていきました。
ついに本人の意思で抗がん剤治療を断念。
そのあとも徐々に癌細胞が食道や気管を圧泊するようになり、
食事もままならす、呼吸もしにくくなっていきました。
最後までなんの愚痴も泣き言も言わない姉でした。
お見舞いにいったときも、
「私は良き夫、3人の子供たち、8人の孫。
そして一生付き合えた友人にも恵まれ、ほんとに幸せな人生やったよ。
なんの悔いもやり残したこともない。充実した人生やったわ。」と。

そして、とうとうその日がやってきました。
9月18日。
力尽き、家族に見送られながら静かに69歳の一生を閉じました。

私は姉と妹の3人きょうだい。
いつも仲が良くて、姉妹が嫁いでからも、
夫婦共々いつもみんな集まっては
父や母を囲んでの食事会をしていました。
姉はほんとに姉らしく私や妹の世話をよくしてくれました。
困ったときもいつも相談に乗ってくれ励ましてくれました。
母(2年前に亡くなる)が認知症を患い日々症状が進行するなかで、
姉妹が交代で寝泊まりし面倒をみてくれました。
姉が乳癌を患った後もそれは続きました。
ほんとにありがたくうれしかったです。

そんな姉が3年前の1月でした。
「自分の家族の想い出のアルバム集を作りたい」と
夫婦や子供、そして孫たちのたくさんの写真を持ってきたのです。
私はそれから何度も姉の希望をききながら、写真の構成や、
バックの音楽をいっしょに決めていきました。
    健一 妙子 思い出のアルバム集
 その1  健一・妙子  夫婦編
 その2  健一・妙子  子供たちへのメモリー
 その3  健一・妙子  8人の孫ちゃんたち

その時私はなにも感じなかったのですが、今になって思えば、
この時、姉は自分の生い先になにか不安を感じるものが
あったのかもしれません。

姉の葬儀が済んでから私は妹と二人で毎週姉に会いに行きました
仏壇の前にある姉の穏やかな顔が、
「兄妹仲良く、助け合って私の分まで生きてね。
 そして健一さんのことももくれぐれもよろしくね~。」
と語っているようでした。

11月4日に四十九日の法要も済ませました。

姉が残してくれた大切な「健一・妙子 家族のアルバム集 夫婦編」
姉に思いを寄せてくれたたくさんの方々に見ていただけたらと思います。
オシドリ夫婦だったお兄さん(義兄)にもご了解いただきました。
姉もきっと天国で見てくれてると思います。

 お姉さん、天国でいつまでもみんなのことを見守っていてください。
 私たちもみんな仲良く助けあってお姉さんの分まで生きていきますから。

今日は楽しいBBQパーティです

P1110635


秋の稲刈りもすべて終了。
ともに一緒に働いた仲間6人と
米作打ち上げ焼肉パーティです。
友人と私のと合わせると
収獲した稲は飯米が6反分、酒米が1町分です。


←ポチッと~お願い! 読み逃げだめよ~!(笑)

野菜はすべて私の畑から、肉は志方肉(神戸牛)です。
P1110633

アシナガバチにさされました

P1100673
左手の腫れが手首の方にまで上がってきたので、
氷で冷やしています。手はしびれています。

   夕方畑の水まきをしていたら、とつぜんアシナガバチに襲われました。
   水槽のへりに大きな巣があって知らずにバケツで勢いよく水を汲んでいたところ、
   ブーーンとたくさんの攻撃蜂が集団で出動。
   逃げる間もなくバケツをもっていた手と耳たぶにいきなり刺されました。
   あわててその場を離れましたが、刺された時の衝撃は大きく、
   みるみるうちに手や耳たぶがはれてきました。
   大災難です。
みなさんもくれぐれも蜂には注意してくださいね。
 
刺された箇所にクレーターができています。   
P1100676


バドの連絡先
wingbado@yahoo.co.jp
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ